奈良県大学連合とは?

連合紹介

奈良県大学連合は、奈良県内の九つの大学によって平成13年3月に結成された大学間の連携組織です。

奈良県大学連合加盟大学

平成11年の秋に、一時期開催が中断されていた奈良県内八大学学長会が再開されました。
平成12年末には、これに奈良先端科学技術大学院大学が加わり、奈良県内九大学学長会に衣替えされました。そして このことが契機となって、九大学学長会加盟の各大学間の連携をさらに強化し、より組織的に活動できるようにしようという機運が高まり、時を経ずして、九大学学長会を母体とする奈良県大学連合結成の運びとなったものです。
平成15年度には、畿央大学が、また、平成18年度には、大阪樟蔭女子大学と近畿大学農学部が学部単独で、さらに、平成24年度には天理医療大学が新たに加盟しました。その後、キャンパス移転に伴い、平成26年度末に大阪樟蔭女子大学が退会し、奈良県内にある四年制大学・大学院全12校からなる組織となっています。

 
かつて、飛鳥・奈良の時代には、奈良県は、南都七大寺に代表される大寺院(つまりは当時の大学)を擁する学問・文化・産業の情報発信基地でした。
この地に立地する12の大学が、国立、公立、私立の枠を越えて、このような形で連携を強化することによって、それぞれの大学での教育・研究の充実・向上を図るだけでなく、この地における新たな文化・学術の創造、地域住民・産業界への貢献を目指すことは、各加盟大学、地域社会いずれにとっても大きな意義があるといえるでしょう。 

設立総会